電気通信主任技術者 過去問解説(専門的能力:無線)問5(1)

電気通信主任技術者 専門的能力:無線

 過去問:令和元年 第2回 問5(1)

 ※日本データ通信協会 試験問題より引用

 

f:id:awkwarddaddy:20200602223236j:plain

 

 

 

 

 

 解答:

 

  静止衛星の軌道は、赤道上空一周360度と限定されており、また、静止衛星

 通信に使用できる周波数も限定されているため、これらの有限な資源を有効に

 利用するための技術が求められる。具体的には、アンテナの「放射特性」の改善、

 衛星位置の「保持精度」の向上、高能率な通信方式の適用などが挙げられる。

  地球局アンテナの「放射特性」を改善することは、隣接衛星システム間干渉

 においてアップリンクでは与える干渉を軽減し、ダウンリンクでは受ける干渉を

 軽減する効果がある。具体的には、反射鏡の周辺照射レベルを下げる、鏡面精度

 を向上させる、ブロッキングを小さくするなどの対策が有効である。

  静止衛星でも地球の重力分布の不規則性や「太陽光輻射」の影響などにより、

 与えられた軌道上の位置から移動するため、衛星位置の「保持精度」の向上が

 求められる。つまり、衛星の位置が隣接衛星との間隔を縮める方向に動くと、

 隣接衛星システム間干渉を増加させることになる。このため、無線通信規則では

 衛星位置の「保持精度」を規定している。

  高能率な通信を行うために、CDMA、TDMAなどの多元接続が用いられており、

 CDMAでは個々の通信路に固有の「符号」を割り当て、この「符号」で搬送路に

 変調を加えることにより通信路を分割している。