電気通信主任技術者 過去問解説(専門的能力:無線)問4(1)

 電気通信主任技術者 専門的能力:無線

 過去問:令和元年 第2回 問4(1)

 ※日本データ通信協会 試験問題より引用

 

(1)次の文章は、マイクロ波用の給電線について述べたものである。「  」

   の(ア)~(エ)に最も適したものを、下記の解答群から選び、その番号を

   記せ。ただし、「  」内の同じ記号は、同じ解答を示す。

 

  マイクロ波用の給電せんとしては、主に同軸給電線と導波管が用いられる。

 同軸給電線は、円形断面の中心導体とこれに同心円状に相対した接地導体の二つ

 の導体などから構成され、「ア」から約3(GHz)のマイクロ波帯までの給電に

 使用できる。

  導波管は、平衡2線形給電線や同軸給電線にない様々な特質を持ち、マイクロ波

 用の給電線として代表的なものであり、広く利用されている。導波管は、「ア」

 伝送が不可能であり、同軸給電線と比較して、利用できる帯域幅は狭いが、伝送

 損失が小さく、伝送可能電力を大きくとれるといった利点がある。

  円形導波管は、軸対称でるため二つの偏波を1本の導波管で同時に伝送できる 

 特徴があり、遮断波長は、導波管の「イ」で決まる。

  導波管内を電波が伝搬するときは、導波管の壁に電流が流れるとともに導波管

 内に電磁界が発生する。この電磁界は、導波管の形状、使用方法、周波数などに

 よって様々な分布を示す。

  円形導波管の基本モードは、「ウ」モードである。円形導波管に誘起される

 モードのうち、TM01モードや「ウ」モードでは、方形導波管に誘起される各モー

 ドと同様に、ある周波数で減衰定数が最小となる。これに対して「エ」モード

 では、周波数が高くなるほど減衰定数が小さくなる。

  

 <(ア)~(エ)の解答群>

 ① TE01  ② 長波帯  ③ TE21   ④ 短波帯

 ⑤ 逆相   ⑥ 半径   ⑦ 共振   ⑧ 拡張

 ⑨ TM11   ⑩ 中波帯  ⑪ 直流   ⑫ 管路長

 ⑬ 同相   ⑭ TE11   ⑮ 誘電率  ⑯ 材質

 

 

 

 

 

 解答:

 

  マイクロ波用の給電せんとしては、主に同軸給電線と導波管が用いられる。

 同軸給電線は、円形断面の中心導体とこれに同心円状に相対した接地導体の二つ

 の導体などから構成され、「直流」から約3(GHz)のマイクロ波帯までの給電に

 使用できる。

  導波管は、平衡2線形給電線や同軸給電線にない様々な特質を持ち、マイクロ波

 用の給電線として代表的なものであり、広く利用されている。導波管は、「直流」

 伝送が不可能であり、同軸給電線と比較して、利用できる帯域幅は狭いが、伝送

 損失が小さく、伝送可能電力を大きくとれるといった利点がある。

  円形導波管は、軸対称でるため二つの偏波を1本の導波管で同時に伝送できる 

 特徴があり、遮断波長は、導波管の「半径」で決まる。

  導波管内を電波が伝搬するときは、導波管の壁に電流が流れるとともに導波管

 内に電磁界が発生する。この電磁界は、導波管の形状、使用方法、周波数などに

 よって様々な分布を示す。

  円形導波管の基本モードは、「TE11モードである。円形導波管に誘起される

 モードのうち、TM01モードや「TE11モードでは、方形導波管に誘起される各モー

 ドと同様に、ある周波数で減衰定数が最小となる。これに対して「TE01モード

 では、周波数が高くなるほど減衰定数が小さくなる。