電気通信主任技術者 過去問解説(専門的能力:無線)問3(3)

 電気通信主任技術者 専門的能力:無線

 過去問:令和元年 第2回 問3(3)

 ※日本データ通信協会 試験問題より引用

 

(3)次の問いの「  」内の(カ)に最も適したものを、下記の解答群から選び、

   その番号を記せ。

 

  LTEのビームフォーミングについて述べた次の文章のうち、正しいもの「カ」

 である。

 <(カ)の解答群>

 ① ビームの形成のための重みのかけ方には、コードブックに基づく方法と、

   コードブックに基づかない方法がある。コードブックに基づかない方法は、

   一般に、LTECDMAで使用される。

 ② ビーム形成のための重みのかけ方のうち、コードブックに基づく方法では、

   基地局は、端末に対しどのコードブックの組合せを用いているかを通知する。

   端末は、セル固有のリファレンス信号とコードブックを組み合わせることに

   より、ビーム形成された受信信号の同期検波が可能となる。

 ③ ビーム形成のための重みのかけ方のうち、コードブックに基づかない方法

   では、基地局は、下りリンクの状態についてサウンド・リファレンス信号

   (SRS)などを観察することにより、最適なビーム形成のためのアンテナ

   ウェイトを推定することができる。

 ④ LTEのビームフォーミングは、二つの送信アンテナから同一の情報が送信され

   るが、送信アンテナごとに複素数重み付けが行われ、ビーム形成がなされる。

   端末からのフィードバックによってチャネル状態に応じたビーム形成を行う

   場合は、オープンループ制御になる。

 

 

 

 

 

 解答:

 

 ②が正しいとなります。

 ①③④の正しい文章は、

  ① ビームの形成のための重みのかけ方には、コードブックに基づく方法と、

    コードブックに基づかない方法がある。コードブックに基づかない方法は、

    一般に、LTECDMA TDDで使用される。

  ③ ビーム形成のための重みのかけ方のうち、コードブックに基づかない方法

    では、基地局は、下りリンクの状態についてサウンド・リファレンス信号

    SRS) CSI-RSなどを観察することにより、最適なビーム形成のための

    アンテナウェイトを推定することができる。

  ④ LTEのビームフォーミングは、二つの送信アンテナから同一の情報が送信され

    るが、送信アンテナごとに複素数重み付けが行われ、ビーム形成がなされる。

    端末からのフィードバックによってチャネル状態に応じたビーム形成を行う

    場合は、オープンループ クローズドループ制御になる。