電気通信主任技術者 過去問解説(専門的能力:無線)問3(2)

 電気通信主任技術者 専門的能力:無線

 過去問:令和元年 第2回 問3(2)

 ※日本データ通信協会 試験問題より引用

 

(2)次の問いの「  」内の(オ)に最も適したものを、下記の解答群から選び、

   その番号を記せ。

 

   MIMOシステムの受信技術について述べた次の文章のうち、誤っているもの

 「オ」である。     

 <(オ)の解答群>

 ① 空間フィルタリングにおいては、希望信号にアンテナ放射パターンのメイン

   ビームを向け、不要な信号にはアンテナ放射パターンの利得の落ち込み点

   (ヌル)を向けることにより、空間的な選別を行う。

 ② アンテナ放射パターンを作るアレイウェイトの決定手法には、サブストリーム

   干渉を完全に除去するZF(Zero-Forcing)アルゴリズムと、干渉と雑音電力を

   最小とするMMSE(Minimum Mean Square Error)アルゴリズムがある。

 ③ MMSEアルゴリズムは、S/Nの低い領域では、ZFアルゴリズムと比較して

   大きいチャネル容量を確保できる。

 ④ MIMOにおけるマルチストリーム伝送の場合、一般に、空間フィルタリング

   はMLD(Maximum Likelihood Detection)と比較して、ストリーム検出に必要

   となる処理量が大きい。

 

 

 

 

 

 解答:

 

 ④が誤りとなります。

 正しくは、

 MIMOにおけるマルチストリーム伝送の場合、一般に、空間フィルタリング

 はMLD(Maximum Likelihood Detection)と比較して、ストリーム検出に必要

 となる処理量が大きい 小さい

 

 MIMOシステム:

  工事担任者DD種でもおなじみのMIMOシステムに関する問題となります。

 普通は送信・受信1式ずつのアンテナでの通信をイメージされると思いますが

 送受信両側に複数のアンテナを使用することで通信を高速化するシステムと

 なります。