電気通信主任技術者 過去問解説(専門的能力:無線)問3(1)

 電気通信主任技術者 専門的能力:無線

 過去問:令和元年 第2回 問3(1)

 ※日本データ通信協会 試験問題より引用

 

(1)次の文章は、移動体通信に用いられるダイバーシチ技術について述べたもの

   である。「  」内の(ア)~(エ)に最も適したものを、下記の解答群から

   選び、その番号を記せ。ただし、「  」内の同じ記号は、同じ解答を示す。

 

  移動体通信では「ア」によって受信強度の低下が生じ、その低下量は移動機の

 位置、周波数又は時間によって変化する。ダイバーシチ技術とは、複数の受信

 信号を得る手段を設け、それらを合成することにより「ア」の影響を緩和する

 ものである。

  複数の入力信号を得る経路はダイバーシチブランチ又はブランチといわれる。

 ダイバーシチの効果を得るにはブランチ間において信号の変動の「イ」ことが

 望ましい。このようなブランチを得る方法には、空間ダイバーシチ、時間ダイバー

 シチなどがある。スペクトル拡散通信で用いられるRAKE方式は遅延時間軸上で

 分離した信号をブランチとするものであり、「ウ」ダイバーシチといわれる。

  ダイバーシチブランチの信号を合成する方法には、選択合成法、「エ」などが

 ある。選択合成方法は受信レベルが高いブランチ又はS/Nが最も良いブランチ

 を選択し、切り換えて使う方法である。また、「エ」は、振幅と位相の両方を

 調整して、S/Nが最大となる出力を得る方法である。

  

 <(ア)~(エ)の解答群>

 ① 相関が小さい  ② パス   ③ 等利得合成法  ④ 熱雑音

 ⑤ 相関が大きい  ⑥ サイト  ⑦ 最大比合成法  ⑧ AMC

 ⑨ 位相が等しい  ⑩ 指向性  ⑪ CPFSK      ⑫ 偏波

 ⑬ マルチパスフェージング    ⑭ レベルが等しい

 ⑮ 隣接チャネル干渉       ⑯ 人工雑音

 

 

 

 

 

 解答:

 

  移動体通信では「マルチパスフェージングによって受信強度の低下が生じ、

 その低下量は移動機の位置、周波数又は時間によって変化する。ダイバーシチ技術

 とは、複数の受信信号を得る手段を設け、それらを合成することにより「マルチ

 スフェージングの影響を緩和するものである。

  複数の入力信号を得る経路はダイバーシチブランチ又はブランチといわれる。

 ダイバーシチの効果を得るにはブランチ間において信号の変動の「相関が小さい」

 ことが望ましい。このようなブランチを得る方法には、空間ダイバーシチ、時間

 ダイバーシチなどがある。スペクトル拡散通信で用いられるRAKE方式は遅延時間

 軸上で分離した信号をブランチとするものであり、「パス」ダイバーシチといわ

 れる。

  ダイバーシチブランチの信号を合成する方法には、選択合成法、「最大比合成法」

 などがある。選択合成方法は受信レベルが高いブランチ又はS/Nが最も良いブラン

 チを選択し、切り換えて使う方法である。また、「最大比合成法」は、振幅と位相

 の両方を調整して、S/Nが最大となる出力を得る方法である。