電気通信主任技術者 過去問解説(専門的能力:無線)問2(5)

 電気通信主任技術者 専門的能力:無線

 過去問:令和元年 第2回 問2(5)

 ※日本データ通信協会 試験問題より引用

 

(5)次の問いの、「  」内の(ク)に最も適したものを、下記の解答群から

   選び、その番号を記せ。

 

 デジタル信号方式における変復調で用いられるコサインロールオフフィルタに

 ついて述べた次のA~Cの文章は「ク」

 A ロールオフ率αは、0 ≦ α ≦ 1 の範囲の値である。

 B T秒間隔のパルスを符号間干渉なしで伝送するための必要最小限の信号帯域幅

    は、1/T(Hz)である。

 C コサインロールオフフィルタは、ロールオフ率が小さくなるほど狭帯域化

    される。

        
  <(ク)の解答群>

 ① Aのみ正しい   ② Bのみ正しい     ③ Cのみ正しい

 ④ A、Bが正しい    ⑤ A、Cが正しい  ⑥ B、Cが正しい

 ⑦ A、B、Cいずれも正しい  ⑧ A、B、Cいずれも正しくない

 

 

 

 

 

 解答:

 

  ⑤ A、Cが正しいとなります。

  Bの正しい文章は、

  B 秒間隔のパルスを符号間干渉なしで伝送するための必要最小限の信号

     帯域幅は、1/T 1/2T(Hz)である。