電気通信主任技術者 過去問解説(専門的能力:無線)問2(3)

 電気通信主任技術者 専門的能力:無線

 過去問:令和元年 第2回 問2(3)

 ※日本データ通信協会 試験問題より引用

 

(3)次の問いの「  」内の(カ)に最も適したものを、下記の解答群から選び、

   その番号を記せ。

 

   誤り訂正技術などについて述べた次の文章のうち、誤っているもの

   「カ」である。     

 <(カ)の解答群>

 ① ブロック符号は、入力情報ビットをk(bit)ごとにまとめ、n-k(bit)の冗長

   ビットを加えてk(bit)より大きいn(bit)の符号語を作るものであり、代表的

   なものにBCH符号及びリードソロモン符号がある。

 ② 畳込み符号は、区切られた符号語を形成せず、先行する複数の入力情報ビット

   の線形結合として符号が形成される。

 ③ ビタビ復号は、ビタビによって提案されたビタビアルゴリズムを用い、最尤

   復号を行うものであり、畳込み符号を復号する方法として、多くのシステム

   において用いられている。

 ④ パンクチャド符号は、ブロック符号化されたデータから、消去可能なシンボル

   を見つけ消去することにより、符号化率の高い符号を形成するものである。

 

 

 

 

 

 解答:

 

 ④が誤りとなります。

 正しくは、

 パンクチャド符号は、ブロック符号化されたデータから、消去可能なシンボル

 を見つけ消去する 定期的にデータを間引きして送ることにより、符号化率の

 高い符号を形成するものである。