電気通信主任技術者 過去問解説(専門的能力:無線)問1(5)

 電気通信主任技術者 専門的能力:無線

 過去問:令和元年 第2回 問1(5)

 ※日本データ通信協会 試験問題より引用

 

(5)次の問いの、「  」内の(ク)に最も適したものを、下記の解答群から

   選び、その番号を記せ。

 

 屈折について述べた次のA~Cの文章は「ク」

 A 屈折の現象は、任意の2点を通過する光線は、通過時間が最小となるような

    通路を通るというフェルマーの原理から導くことができる。

 B 図2に示すような、屈折率の異なる媒質を電波が通過する場合、nを相対屈折率

    とすると、次式で表されるオイラーの法則が成り立つ。

    n = k2/k1 = sinφi/sinφ0

 C 大気中の屈折率が不均一な対流圏における電波通路は、レイトレーシング法を

    求めることができる。

        f:id:awkwarddaddy:20200509222459j:plain


  <(ク)の解答群>

 ① Aのみ正しい   ② Bのみ正しい     ③ Cのみ正しい

 ④ A、Bが正しい    ⑤ A、Cが正しい  ⑥ B、Cが正しい

 ⑦ A、B、Cいずれも正しい  ⑧ A、B、Cいずれも正しくない

 

 

 

 

 

 解答:

 

  ⑤ A、Cが正しいとなります。

  Bの正しい文章は、

  B 図2に示すような、屈折率の異なる媒質を電波が通過する場合、nを相対

     屈折率とすると、次式で表されるオイラースネルの法則が成り立つ。

    n = k2/k1 = sinφi/sinφ0

 

  ちなみに、「オイラーの公式(等式)」はありますが、「オイラーの法則」

  という言葉はありません。

  屈折の現象に関する記述で関連するものは、スネルの法則となります。