工事担任者 無資格で工事をすると・・・

目次 

  

1.有資格者の役割

 「端末設備の接続等」の法規にもある通り、以下に条文を記載します。

 

 工事担任者による工事の実施及び監督(第71条)

  利用者は、端末設備又は自営電気通信設備を接続するときは、工事担任者

 資格者証の交付を受けている者(以下「工事担任者」という。)に、当該工事

 担任者資格者証の種類に応じ、これに係る工事を行わせ、又は実地に監督させ

 なければならない。ただし、総務省令で定める場合は、この限りでない。

 

 端末設備の接続工事を行う際には、工事担任者の有資格者が実地に監督する

 必要があります。

 作業員全員が所有する必要はありませんが、どんなに熟練の技術を持っていて

 も無資格者だけで作業を行うことはできないことになります。

 

 「ただし、総務省令で定める場合は、この限りでない。」について詳細は割愛

 させて頂きますが、技術基準に適合した端末機器をプラグジャック方式などで

 接続する際には工事担任者を必要としない場合もあります。

 

 案外、無資格者のほうが法規を理解して作業可能か判断する必要がありそうです。

 

 

2.違反した場合

 無資格者のみで工事を行うことに対する罰則はないようです。

 しかし、その工事によって通信回線を妨害したりダウンさせてしまった場合、

 重い罰則が科せられます。

 

 2年以下の懲役、または50万以下の罰金

 

 通信回線工事の責任者を行う人にとって、工事担任者資格は持っていて当然

 の資格となります。

 責任者でなくともプロとして現場作業を行う人にとって、持っていることで

 知識と技術の証明にもなる資格になります。

 

 

 工事担任者の重要性を表した広告はよく目にしているものの、有資格者配置の

 義務や罰則について触れられている記事はあまり見かけなかったため、ここで

 紹介させて頂きました。

 

 ちなみに電気工事士に関しては、無資格で電気工事を行うだけで罰則の対象と

 なり、重い罪に問われるとの記事はよく見かけますね。

 1年以下の懲役、または30万以下の罰金(電気工事士