陸上特殊無線技士資格の勉強

目次 

 

 1.陸上特殊無線技士の仕事

 無線従事者資格の一つで、陸上の無線設備の操作を行うことができます。

 工事担任者電気工事士が工事系の資格なのに対し、陸上特殊無線技士

 保守系の仕事と言えます。

 

 資格を活かせる仕事の場としては、携帯電話基地局、鉄道無線等の保守点検や

 メンテナンス業務があります。

 陸上無線技術士の下位資格となり、携帯電話の普及により小規模の無線設備の

 技術操作等に限定した、比較的取得のし易い資格として誕生しました。

 

2.陸上特殊無線技士の種類

 ・第一級陸上特殊無線技士(略称:一陸特)

 ・第二級陸上特殊無線技士(略称:二陸特)

 ・第三級陸上特殊無線技士(略称:三陸特)

 ・国内通信級

 

 一陸特~三陸特の科目は「無線工学」と「法規」

 国内通信級の科目は「法規」と「電気通信術(モールス信号)」

 

 陸上特殊無線技士の試験は科目免除制度がないため、一度の試験で

 全科目に合格する必要があります。

 

3.勉強時間と勉強方法

 勉強時間は別記事、「工事担任者資格の勉強」でも紹介の通り、色んな人の

 勉強時間を参考に、自分に適した時間の確保を行って頂きたいと思います。

 

 私の場合、一陸特を受験した際の条件

 スペック:

  ・社会人4年目

 

  ・電気通信工事業に携わっていたため、試験問題の3割くらいは聞き覚えの

   ある内容であった

 

 勉強時間:

  ・試験の2か月前より勉強開始

  ・過去問を中心に直近3~4年分を2回実施

  ・2回通しても理解が乏しいと感じた問題は3回目も実施

 

 使用した問題集:

   過去問を解きながら、解説が欲しい場合の教科書として以下を使用。

   ・一陸特受験教室 無線工学   

無線工学

無線工学

  • 作者:吉川 忠久
  • 発売日: 2007/03/10
  • メディア: 単行本
 

 

 

  初期段階でどのような試験か把握するために使用。

   ・一発合格!第一級陸上特殊無線技士試験 テキスト&問題集 

一発合格! 第一級陸上特殊無線技士試験 テキスト&問題集

一発合格! 第一級陸上特殊無線技士試験 テキスト&問題集

  • 作者:町田 友次
  • 発売日: 2015/08/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 最後に

  無線系の資格としては比較的取得し易いとはいえ、全くの知識でゼロの

  状態ではとっつき辛さはあるかもしれません。

  しかし、過去問からの出題率は非常に多く、過去問をひたすら解くことが

  合格への近道と言える試験でもあります。