電気通信工事の仕事

 

目次 

 

電気通信工事ってどんな仕事?

 ここでは、「電気通信工事」の仕事内容や、就職に有利な資格を紹介していきます。

 

 工事といっても世の中には様々なものがあります。

 建設業許可の種類は29種類にもなります。

 

 その中で、「電気通信工事」の仕事内容は、以下の電気通信設備を設置する

 工事を表します。

  1. 有線電気通信設備
  2. 無線電気通信設備
  3. 放送機械設備
  4. データ通信設備

 

 主な工事場所は、

  1. 企業内(PC、プリンタ、電話 等の設置)
  2. 携帯電話基地局(アンテナ、無線機の設置)
  3. 衛星設備(パラボラアンテナ、送受信機の設置)
  4. 放送局(映像・音響機材の設置)

 電気通信工事とは、「情報通信設備」の設置に伴う、電気工事を表します。

 

電気通信工事の資格

 ◇工事担任者

  電気通信回線と端末設備等を接続するために必要な資格です。

  工事担任者には取り扱う回線数や種類ごとに、全7種類の資格があります。

 

  1. AI 3種(1回線) ※家庭内の電話等、接続工事
  2. AI 2種(50回線まで) ※内線は200以下
  3. AI 1種(制限なし)
  4. DD 3種(回線速度1Gbit/秒以下のインターネットに接続)
  5. DD2種(ISDN回線を除く、100Mbit/秒以下のデジタル回線への接続工事)
  6. DD1種(ISDN回線を除く、全てのデジタル回線への接続工事)
  7. AI・DD総合種(AI1種・DD1種、両方の工事範囲)

 

 工事担任者資格試験は、実務経験等の縛りは無く誰でも受験可能です。

 

 ◇電気通信主任技術者

  電気通信主任技術者は、電気通信ネットワークの工事、維持及び運用の監督

  責任者です。

  電気通信主任技術者は、ネットワークを構築する設備により「伝送交換主任

  技術者」と「線路主任技術者」に分かれております。

 

  1. 伝送交換主任技術者(伝送交換設備及びこれに附属する設備の工事、維持及び運用)
  2. 線路主任技術者(線路設備及びこれらに附属する設備の工事、維持及び運用)

 

  電気通信主任技術者資格試験は、実務経験等の縛りは無く誰でも受験可能です。

 

 ◇電気通信工事施工管理技士

  平成31年度に新たに新設された施工管理技士資格です。

  1級・2級に分かれており、受験するには所定の実務経験が必要となります。

 

 電気通信工事を通して得た経験

 ◇携帯電話基地局工事

  電波不感地帯などにアンテナを設置する工事です。

  電柱や鉄塔など高所に登っての作業となり、普通に生活していれば

  立入禁止エリア内での工事を経験できます。

  高所が苦手な方には不向きかもしれません。

 

 ◇放送局工事

  ラジオ局、テレビ局での音声・映像伝備工事を行います。

  映像制作の裏側や、局内設備を見ることができます。

 

 ◇企業内・官公庁内、通信設備工事

  こちらも普段は見ることのできない設備や、仕事の裏側を見ることが

  できます。

 

電気通信工事の大変さ

 ◇すべて世の中の重要な設備となるため、運用を止めることが無いよう

  作業手順書や工程表の作成など、綿密な計画を行っております。

  また、通信業界は日々進化しており、新しい技術や知識の習得を常に

  心がけております。

 

最後に

 電気通信工事の内容と資格の種類を簡単に説明させていただきました。

 別の記事で、資格試験合格のための勉強法や、今回紹介できなかった

 資格なども紹介していきたいと思います。

 

 電気通信業界への就職、転職をお考えの方や、現在業務を行いながら

 ステップアップを目指す、若手~中堅社員の方の役に立てればと思い

 今後も記事をアップしていきたいと思います。